| HOME | 会社概要 | 採用情報 | お問い合わせ | サイトマップ | 中文 | English |

会社概要イメージ

会社概要

会社名称

株式会社 リーベン


設立年月日

平成10年4月 1日


所在地

本 店     宮城県仙台市太白区八木山本町1-13-5-102
名取支店    宮城県名取市高舘吉田字東内舘37-3
岩手営業所   岩手県紫波郡矢巾町流通センター南4丁目19-4
青森営業所   青森県青森市浪岡大字杉沢字井ノ下147-101

中国 大連支店 大連市中山区友好町105マンハッタンビルA棟


連絡先

022-381-7280 (大代表・名取支店)
0120-119-751 フリーダイヤル
fax 022-381-7283


資本金

50000千円


企業沿革

  • 平成10年4月1日
  • 現在の本店である、仙台市太白区八木山において資本金4000千円で創業開始。
  • 平成11年3月
  • 東北地区では初めての医療スタッフによる患者移送業務を開始これに伴い東北運輸局より無償一般旅客事業の届出を行い受理される、1台の患者輸送車で業務開始。
  • 平成13年12月1日
  • 救急移送センターを名取市に移転。
  • 平成15年11月
  • 救急移送部門を独立、世界的な規模での患者移送業務を開始する。
  • 平成16年7月1日
  • 宮城県より中小企業経営革新支援事業所として承認され、同じく、補助金を交付される。
  • 平成18年11月20日
  • 資本金を50000千円に増資し同時に株式会社に組織を変更する。
  • 平成18年12月20日
  • 中国大連市に支店設立。
  • 平成19年11月1日
  • 岩手営業所を開設する。
  • 平成20年12月20日
  • 大連支店に邦人救出救援担当官(日本人)を配置。
  • 平成23年3月11日
  • 東日本大震災発生
  • 平成23年3月15日
  • 宮城県知事より震災被災者の患者搬送業務実施要請を受け、災害対策本部の指揮下に入る。
  • 平成24年7月1日
  • 岩手営業所を紫波町から矢巾町、岩手医科大学新用地付近に移転
  • 平成26年4月1日
  • 本店を移転
  • 平成28年4月1日
  • 青森市に青森支店開設

 

年間実績

平成28年総移送件数             4817件
内患者空輸・新幹線件数(海外移送含む)    126件
精神疾患患者救急移送件数          203件
平成28年1月1日〜12月末日

平成27年総移送件数             4160件
内患者空輸・新幹線件数(海外移送含む)    111件
精神疾患患者救急移送件数          185件 
平成27年1月1日〜12月末日

平成26年総移送件数             4140件
内患者空輸件数(海外移送含む)         101件
精神疾患患者救急移送件数          152件
平成26年1月1日〜12月末日

従業員数

医師・看護師・救急救命士 以下 40名


導入機材

所有有効資機材
人工呼吸器    PEEP PS FiO2対応 航空機等移送時最大20時間まで使用可能
総合患者監視装置 PROPACK102/LT・DASH3000 他 全車配置
バキュームスプリント 全身固定管理可能
吸引器      世界航空機会社使用対応
シリンジポンプ  最大4ライン まで管理可能
輸液ポンプ     最大4ラインまで管理可能
除細動器     日本光電 AED9200 6台 TECシリーズ1台
レールダルハートスタートシリーズ 3台
IABP対応ACコンバーター
呼吸同調型酸素吸入装置
保育器      ACOMA V707


所有車両

患者輸送車 12台


主な許認可

一般旅客自動車運送事業 (東自旅第729号・第1515号)
生活保護法指定介護機関 (宮城県)
障害者支援費補助介護施設(宮城県)
平成16年宮城県中小企業経営革新事業承認/同補助金交付(宮城県)
民間患者等移送事業所盛岡地区消防本部認定第1号 
民間患者等移送事業所名取市消防本部認定第2号
仙台市感染症患者移送事業者 (仙台市)
東北地方太平洋沖地震にかかる患者等搬送事業者 (宮城県)
医療観察保護法に基づく移送業務 (東北地方更生保護委員会)
宮城県感染症患者移送業務委託事業者  (宮城県)
宮城県栗原市筋萎縮性側索硬化症患者移送事業所 (栗原市)
東北大学医学部附属病院 患者移送業務指定事業所 (文部科学省)

仙台市措置入院患者移送業務委託事業所 (仙台市)

青森市感染症患者移送事業所 (青森市)

八戸市感染症患者移送事業所 (八戸市)

大崎市民病院患者移送業務委託事業者 (宮城県 大崎市)

ご挨拶

 平成10年4月、全国でも類を見ない医療スタッフによる民間救急サービスは、杜の都仙台で誕生いたしました。創業当初わずか3人であったスタッフは、今や40人以上となり、その職種も医師・看護師・救命士・MSW等多義にわたっています。
 現在では、国内外に5ヶ所の拠点を設けるまでとなり、全国・全世界から年間4000件(平成26年実績)を超える民間救急・患者移送のご依頼をいただいております。 これらのことは、ひとえに、国内外の病院 関係者の皆様と、患者様ご家族様の暖かいご支援の賜物であると深謝申し上げます。 弊社は創業以来一貫して「皆様の最も愛する人」を患者移送するために何が必要で大切であるかを考えてまいりました。 高価な民間救急車や高度な医療機器も確かに必要でしょう。しかし、本当に大切なものは、移送される患者、ご家族様が安心して身をゆだねることのできる、患者移送スタッフの「心と技術と知識」であると私たちは確信いたしました。民間救急をご利用いただく皆様に対応するスタッフは、1年以上にわたる厳しい実践トレーニングをクリアし、世界中の劣悪な患者移送、医療環境でも十分に耐えうる、厳しくもやさしい「一騎当千の侍」であり派遣の職員や借り物の医療従事者はひとりもおりません。
 生と死の狭間で多くの患者さんの悲しみと喜びを見てきたプロ集団だからこそできる、究極の民間救急移送を今、皆様にお届けいたします。
                      平成27年8月吉日
                      株式会社リーベン


 ■HOMEへ ■民間救急業務内容 ■長距離患者航空機搬送 ■海外患者医療搬送 ■移送費について  ▲ページ上部へ